レッド・プラネット・ホテルズ 新ホテルブランド「レッドプラネット」を設立 新たな「バリューホテル」を展開

革新的なホスピタリティ事業を展開するレッド・プラネット・ホテルズ・リミテッドはアジアでもっともお客様の需要に寄り添ったホテルブランド「レッドプラネット」を新規展開いたします。24軒のホテルが「レッドプラネット」にリブランドされ生まれ変わり

革新的なホスピタリティ事業を展開するレッド・プラネット・ホテルズ・リミテッドはアジアでもっともお客様の需要に寄り添ったホテルブランド「レッドプラネット」を新規展開いたします。24軒のホテルが「レッドプラネット」にリブランドされ生まれ変わり、アジアのバリューホテルのあり方に新しい風を吹き込みます。

アジアは旅行業界において世界で最も急成長を果たしている地域であり、訪問者数も常に新記録を更新し続けています。そのような状況の中、「レッドプラネット」ブランドのホテルではコスト・パフォーマンス重視の旅行者をターゲットとし、好立地、高品質、最新のIT対応等々を備えた快適な滞在をご満足いただける価格で提供いたします。

レッド・プラネット・ホテルズ・リミテッドのCEO ティム・ハンシングは次のようにコメントしています。「私どもはお客様へのバリュー、株主へのバリュー、常にバリューを第一に考えています。お客様がホテルをチェックアウトする際に、レッドプラネットを選んでよかったと思っていただけるホテルを目指しております。」

当社では、新ブランド立ち上げに先駆け、複数の地域に渡る数千人を対象とした大規模なアンケートを実施しました。その結果に基づいて誕生したこの新ブランドは、お客様のご要望に寄り添い、余計なものは省き、またご要望以上のサービスをご提供できるものと自負しています。

利用客のうち約70%は20~30代で、これらの“オンライン世代”と呼ばれる人々はホテル業界にダイナミックな変革をもたらす世代です。私たちはこのような潮流をくみ取り、ITプラットフォームに多額の投資をしてきました。ソーシャルメディアを通じてお客様とのつながりを強化し、寄せられる多くのご意見やご要望にお応えいたします。また、当ホテルはホテル業界の中で最も早く、グループ全ホテルのWi-Fiスピードの向上に取り組み、安定的で高速なWi-Fiアクセスを実現しました。これは、お客様がホテルを選択する上で不可欠なポイントになり得るでしょう。

新ブランドの「レッドプラネット」の最大の特長は、高機能のモバイルアプリです。シンプルで効率的な予約ツールであることはもちろん、レッドプラネット ホテルにチェックインをすると滞在モードに切り替わり、ホテル周辺の地元のイベントや情報などを得る事ができます。さらにお部屋からお部屋、フロントへの通話、チャットも可能となります。今後はさらに革新的な機能をご提供する予定です。

またティム・ハンシングは、「いかなるホテルカテゴリーにおいても、滞在する都市、ホテルでキーとなるのはテクノロジーだと思います。当社はテクノロジーへの投資を通じ、お客様のご滞在にバリューをもたらす事を常に考え続けています。」と付け加えています。

この度、日本、タイ、インドネシア、フィリピンの4カ国で24軒、3783室のホテルを新「レッドプラネット」にリブランドし、新規展開をはかりました。今後、マニラ、東京、そしてバンコクに旗艦ホテルをオープンする予定です。

当ホテルのお客様の50%以上は4回以上ご宿泊いただいたリピーターです。そこで、ロイヤルティープログラム「リメンバード」を導入し、リピーターのお客様へ特典をご用意いたしました。1か月に約1000名の方に新規登録いただいており、現在、会員数が飛躍的に伸びています。

レッドプラネット・ホテルズ・リミテッドは2010年の設立以来、当社が所有・運営するホテルで約400万人のお客様をお迎えしています。当社は現在までに、投資家から数回の増資を受け、今後は地域内の株式市場において上場を計画しています。