レッド・プラネットホテルは環境サステナビリティ目的を紹介します

                                                           Trav Media Asia 1339838 Together For A Greener Planet

バンコク ― レッド・プラネットホテルは長期間環境サステナビリティ目的を紹介します 。グローバル生態学的問題を取り組むためのクリーン・マイストトン企画は3つの戦略をフォーカスします。―分別ゴミ、プラスチック製品の不利用及び責任ある購買―全ては急成長するホテルチェーンのサステナビリティビジネスへの取り組みを反映しています。

責任ある観光に取り組むホテルは、プラスチック汚染の壊滅的な結果に迅速に対応しています。昨年だけでも、880万トンのプラスチックが海に降ろされました。観光産業は海洋生態系を根絶するプラスチック廃棄物の割合を削減するための手段として、ストローやペットボトルやバスアメニティなどのプアスチック製品利用を徐々に禁止します。

レッドプラネットのCEOティム・ハンシングは「実施して以来、環境・プロジックトは具体的な結果がありました」と述べました。」さらに、「ホテルの中にプラスチック及びエネルギー利用量を削減することを紹介しました。それに、長期間に地球を保全するための私たちの業界のアプローチの改革します。それに貢献するため方法を積極的に模索しています」と述べました。

環境フットプリントを削減するための決意の一部には、ゴミを最小限に抑えること、プラスチック利用しない企業になること、および建物の効率を改善することが含まれます。更に、改善された洗濯管理によって2トン以上のプラスチックを軽減されました。タイのレッド・プラネット・ホテルでは、ペットボトルの代わりにガラスのボトルを利用し、ロビーにウォーターサーバーを徐々に設定します。すべてのホテルには省エネ照明器とコントロールユニットが装備され、部屋は自然光の量を最大にするように設計されています。

環境問題を解決するためレッド・プラネットは宿泊客、地元の供給業者、NGOs、および地元組職と協力します。環境問題に協調して取り組む 4Oceanなどの地域社会や組職と協力し、ホテルチェーンは海や海岸線からゴミを除去するよう努めています。

レッドプラネットホテルはリーディングアジア・ホテルチェーンであり、タイ、インドネシア、日本及びフィリピンにグローバル・ポートフォリオ30棟のホテルを運営しています。

For more information or high-resolution photography, please contact:
Aline Massart
Vice President Marketing
Red Planet Hotels
Tel: +66 2 613 5818
Mobile: +66 80 453 2570
E-mail: aline@redplanethotels.com 

レッドプラネットホテルについて
レッドプラネットホテルは、2010年に設立され、アジアの拡大するバジェットホテルセクターに重点を置いた非上場の地域ホテル会社です。同社はインドネシア(7)、日本(5)、フィリピン(13)、タイ、(5)に30のホテル、合計4,779の客室を所有、運営しています。さらに、2019年と2020年に、2,669客室からなるホテル14カ所を日本、タイ、及びフィリピンで開業予定です。これらのホテルは、レットプラネットの堅牢でスケーラブルなテクノロジープラットフォムを利用して開設され、先進的な予定ソフトウェアによる迅速・効率な予約プロセスと顧客のための現地アトラクションガイドを提供します。レッドプラネットのホテルはスタイリッシュなバジェットホテル設備により構成され、全ホテルが中心部に位置し高速WI-FIを備えています。ジャカルタにおける子会社(レッドプラネット Indonesia – PSKT:IJ)及び東京における子会社(レッドプラネット Japan – 3350 : JP)は、それぞれインドネシア及び日本の証券取引所に上場しています。より詳しい情報はwww.redplanethotels.comにてご覧いただけます。