レッド・プラネット・ジャパンはフィリピンの旗艦ホテル開発案件2件を取得しホテル・ポートフォリオを更に拡大

東京 –バンコクに本社を置き急成長を続けるレッド・プラネット・ホテルズの子会社でJASDAQに上場(証券コード3350)する株式会社レッド・プラネット・ジャパンは、本日、フィリピンにおける子会社の設立及び同子会社によるフィリピンの旗艦アセット2件の取得を発表しました。今回取得した2019年及び2020年に予定するホテル2棟の開業により、レッド・プラネット・ジャパンのホテル室数は倍増され、収入と収益に大きく貢献することが見込まれます。この取引は、今年6月1日に札幌市でオープンしたレッド・プラネット・ジャパン4番目のホテルに続くものです。

新たな子会社であるRed Planet Hotels Manila Corporationは、 フィリピンの2棟のホテル(Red Planet Manila The Fort及びRed Planet Manila Entertainment City)の土地賃借権及び建設中の資産一式を総額166,768,612ペソ(約3億5千万円)で取得します。いずれも使用資本に対する高収益を生み出す旗艦ホテルとなることが見込まれ、非常に好立地であることから国内外のビジネスマン及び観光客にもアピールすることが期待できます。

「フィリピン子会社の設立及び開発案件の取得は、レッド・プラネット・ジャパンの更なる飛躍に向けた計画の実現において大きな一歩となるものです」とレッドプラネットのCEOティム・ハンシングは語り、「フィリピンの観光産業は、特にインバウンド観光客の大幅な増加により急速な成長を続けています。急速に拡大するインバウンド旅行者を受け入れている日本の観光産業との間の共通性は注目すべきものがあり、今回の取得は私たちの成長戦略において、ごく自然な次のステップと言えます。」と付け加えました。

フィリピンのインバウンド到着者数は中国と日本からの旅行者の大幅な増加に支えられ、2017年には25.6%拡大しました。中国からフィリピンへの旅行客が2017年だけでも43.3%の増加を示したのに対し、日本からフィリピンへの旅行者数も2009年から2017年の8年間で急増し、80%もの増加となっています。レッドプラネット・ブランドのプレゼンスは日本、フィリピンのいずれでも高まっており、両国におけるレッドプラネットホテルの拡大によって日本、フィリピン相互間の旅行需要が一層促されることが期待されます。

Red Planet Manila The Fortはメトロマニラ・ビジネス地区の一等地であるボニファシオ・グローバルシティに建設中の客室数245室のホテルで2019年までにオープン予定です。一方、2020年開業予定のRed Planet Manila Entertainment Cityは、マニラのベイサイドに隣接し、ニノイ・アキノ国際空港、新設のカジノ及び広大なモールオブアジア・ショッピング施設にも近い、客室数330室のホテルです。

本件の詳細又は高解像度写真については、下記までご連絡ください。
ジェームズ ホリラック
グループ・インベスターリレーションズ・ディレクター
レッド・プラネット・ホテルズ
電話:+81 (50) 58352066
携帯電話:+81 809 1267365
E-mail: james@redplanethotels.com

メディアのお問い合わせ
アシュトン・コンサルティング・リミテッド
ブレット・ウォールバトン、中馬美佳、塩加井 匡
電話:03(5425)7220

株式会社レッド・プラネット・ジャパンについて
株式会社レッド・プラネット・ジャパンは、レッド・プラネット・ホテルズ・リミテッドの日本におけるオペレーションを担う、JASDAQ市場の上場企業です。当社は、2013年8月レッドプラネット那覇 沖縄の開業により日本での営業を開始、続けて2015年にレッドプラネット浅草 東京、2017年10月にレッドプラネット名古屋 錦を開業しました。2018年6月にレッドプラネットは札幌における1番目のホテルであるレッドプラネット札幌すすきの南を開業、レッドプラネット札幌中央を現在開発中で

レッド・プラネット・ホテルズについて
レッド・プラネット・ホテルズは、2010年に設立され、アジアの拡大するバジェットホテルセクターに重点を置いた非上場の地域ホテル会社です。同社はインドネシア(7)、日本(5)、フィリピン(13)、タイ(5)に30のホテル、合計4,783の客室を所有、運営しています。さらに、2018年と2019年に、1,609の客室からなるホテル7か所を、日本、タイ、及びフィリピンで開業予定です。これらのホテルは、レッドプラネットの堅牢でスケーラブルなテクノロジープラットフォームを使用して開設され、先進的な予約ソフトウェアによる迅速・効率的な予約プロセスと顧客のための現地アトラクションガイドを提供します。レッドプラネットのホテルはスタイリッシュなバジェットホテル設備により構成され、全ホテルが中心部に位置し高速Wi-Fiを備えています。ジャカルタにおける子会社(レッドプラネット Indonesia - PSKT:IJ)及び東京における子会社(レッドプ・ラネット・ジャパン - 3350:JP)は、それぞれインドネシア及び日本の証券取引所に上場しています。より詳細な情報は、www.redplanethotels.comにてご覧いただけます。