レッドプラネットの最新のホテル レッドプラネット札幌すすきの南が開業

札幌 –レッド・プラネット・ホテルズの最新のホテル施設となる「レッドプラネット札幌すすきの南」が2018年6月1日に開業しました。

レッドプラネット札幌すすきの南は123の客室を有し、豊水すすきの駅徒歩圏にありすすきの市街地に隣接しています。200以上の店舗が立ち並ぶ買い物客の楽園、狸小路商店街も歩いてすぐです。

当ホテルの設備は、無料の高速Wi-Fi、心地よい高出力シャワー、特製ベッドと高スレッドカウントのリネンなど、レッド・プラネット・ホテルズの最新の卓越した基準を示すものです。また、客室には空調と暖房、デスク、室内金庫、ヘアドライヤー、40インチの薄型テレビ、及びティーやコーヒーも用意できるミニバー・冷蔵庫が備わっています。

革新的でモダンなロビーには、アップルコンピューターのステーション、地域のイベントや活動の最新情報が得られる「インフォウォール」や、自分の姿を撮りソーシャルメディアですぐに共有できる「フォトミー」スクリーンが提供されています。

「レッドプラネット札幌すすきの南を開業することで、レッドプラネットはアジア地域最大で最も高成長のバジェットホテル企業としての地位を強固なものとします」とレッドプラネットのCEOであるティム・ハンシングは述べ、「レッドプラネットは、最先端の技術と終わることのないプロダクト革新によって、日本のバジェットホテルセクターのレベルを引続き向上させていきます」と付け加えました。

レッドプラネットは2013年にレッドプラネット浅草 東京とレッドプラネット那覇 沖縄の開業により日本での営業を開始しました。最近では、レッドプラネット名古屋 錦を2017年10月に開業し拡大を続けています。レッドプラネットは、2019年にさらにもうひとつのホテルを札幌の中央地区に開業する予定です。

「札幌のレッドプラネットホテルを、お陰様で絶好のタイミングで開業することができました。札幌は、様々なシーフードを味わえるだけでなく、登山、温泉やスキーを北海道で楽しむための絶好の基地としても知られています」と日本のオペレーションを担当するダイレクターである梅村美嘉は語り、さらに「ラグビーワールドカップ2019開催地のひとつであり、北海道新幹線が延長されるなど、札幌は国内観光客、海外からの観光客双方にとって魅力を増しています」とコメントしています。

レッドプラネットは、快適さ、利便性、及びスタイルに重点を置き手頃な価格で提供される30のホテルを4か国に所有し運営しています。レッドプラネットは、テクノロジーに精通したバリューホテル・チェーンとして、「In-Stayモード」を特徴とする世界クラスのアプリ開発を先導していきます。このアプリは、ホテルへの到着前からフロントデスクとの直接のチャットを可能とし、顧客のエクスペリエンスを向上させます。さらに、顧客は、このモバイルアプリにより、主なローカルアトラクションの情報、Uber又はGrabサービス、及びレッドプラネットホテル近くの200軒以上のレストランでの割引が利用可能です。

本件の詳細又は高解像度写真については、下記までご連絡ください。
Aline Massart
Vice President Marketing
Red Planet Hotels
Tel: 66 2 613 5818
Mobile: 66 80 463 2570
E-mail: press@redplanethotels.com

レッドプラネットのホテルについて
レッドプラネットホテルズは、2010年に設立され、アジアの拡大するバジェットホテルセクターに重点を置いた非上場の地域ホテル会社です。同社はインドネシア(7)、日本(5)、フィリピン(13)、タイ(5)に30のホテル、合計4,783の客室を所有、運営しています。さらに、2018年と2019年に、1,609の客室からなるホテル7か所を、日本、タイ、及びフィリピンで開業予定です。これらのホテルは、レッドプラネットの堅牢でスケーラブルなテクノロジープラットフォームを使用して開設され、先進的な予約ソフトウェアによる迅速・効率的な予約プロセスと顧客のための現地アトラクションガイドを提供します。レッドプラネットのホテルはスタイリッシュなバジェットホテル設備により構成され、全ホテルが中心部に位置し高速Wi-Fiを備えています。ジャカルタにおける子会社(レッドプラネット Indonesia - PSKT:IJ)及び東京における子会社(レッドプラネット Japan - 3350:JP)は、それぞれインドネシア及び日本の証券取引所に上場しています。