RCBCがレッドプラネットホテルズの成長戦略に資金供給

マニラ-リサール商業銀行(以下「RCBC」)は、主幹事となるRCBCキャピタル・コーポレーションと共にレッドプラネットホテルズに15億ペソの融資を実行しました。この資金は現在建設中で2018年早々に開業予定のメトロ・マニラ地区のホテル3軒を含む新規ホテル5軒の建設費の一部に充当されます。これにより、レッドプラネットは、メトロ・マニラ地区ホテル9軒を含めフィリピンに13軒のホテルを擁する、アジア地域最大かつ最も急速に成長するバリューホテルチェーンとしての地歩を引続き固めることとなります。レッドプラネットは、さらに5軒のホテルをフィリピンに建設し、フィリピンに保有するホテルポートフォリオを2018年末までに18軒に拡大する計画です。

レッドプラネット マニラベイは、ニノイ・アキノ国際空港にほど近いエルミタ地区、米国大使館向かいという便利な立地の150室のホテルとなります。マニラの有名な夕日のみならず、旧マニラとイントラムロスの観光スポットを目指して急増するマニラのインバウンド観光客に適した場所に位置します。また、多くの政府機関や企業のオフィスにも近接しています。

レッドプラネット ビノンドは、マニラの有名なチャイナタウンのビジネス地区内の170室のホテルとなり、当地区ショッピングモールや賑やかな卸売市場から徒歩わずか数分に位置します。

レッドプラネット オーロラブルバードは、ケソンシティのアラネタ センターその他文化施設の近くに立地する167室のホテルとして開業します。クバオの賑やかなショッピング及びレストラン街の近くに位置し、クバオエキスポにも近接しています。

3ホテルはすべて、最新のレッドプラネットホテルズ基準による特徴を備えています。明るくモダンで革新的なロビーには、宿泊客が無料で使えるアップルコンピューターステーション、ホテル周辺の有用な情報が一覧できる「インフォウォール」や、自分の姿を撮りソーシャルメディアで共有できる「フォトミー」スクリーンが備わっています。全室に、無料高速Wi-Fi、パワーシャワー、高級特製ベッド、その他空調、デスク、室内金庫、ヘアドライヤー、冷蔵庫、及び40インチ薄型テレビなどの設備が提供されます。

レッドプラネットは、快適さ、利便性、及びスタイルに重点を置いて、現在、そのすべてを手頃な価格で提供する27のホテルを4か国に所有し運営しています。レッドプラネットは、テクノロジーに精通したバリューホテル・チェーンとして、イノベーションを引続き先導し、ホテルのフロントデスクとの直接のチャット、ローカルアトラクション情報の利用、及びレッドプラネット近くの200軒以上のレストランの割引価格での利用を可能としてお客様のエクスペリエンスを盛り上げる「In-Stayモード」を特徴とするクラス最高水準のアプリを提供しています。

RCBCは、2013年以来、3つの既存ホテル、すなわち、レッドプラネット ダバオ、レッド プラネット オルティガス、及びレッド プラネット アモーソロ マカティの建設に資金を提供してきました。

本件ローンファシリティの調印に際し、レッドプラネットのチーフ・ファイナンシャル・オフィサーである王生貴久は、「国内旅行市場の活発化や海外からの訪問者増加により、フィリピンの旅行や観光産業は驚異的な成長を示しています」と述べました。「今回の3つのホテルの開設により、フィリピンにおけるバリューホテルのリーダーとしてのレッドプラネットの地位は、一層強化されます」とコメントしました。

また、「レッドプラネットがフィリピンで操業を開始してまだ5年間しか経たないにもかかわらず、フィリピン全土に広がる10軒のホテルは極めて順調に稼働しています」と王生氏は付け加えました。

RCBCのエグゼクティブ・バイスプレジデントであるミゲル・O・デ・ヘスースは、「レッドプラネットホテルズに対する本件融資の実行はRCBCの光栄とするところです。フィリピンの旅行・レジャー産業セクターの前向きのダイナミクスは大変有望と考えており、レッドプラネットホテルは、ホテル業界成長の推進力の恩恵を受ける良いポジションにあると確信します。旅行業界全体の経済乗数効果は相当に大きく、フィリピンの国内経済と地方経済の受ける利益は直接的かつ長期的なものです。さらに、バリューホテルというビジネスモデルは、低い運用コストと高い利益率に加え、成長の推進力も非常に高いディフェンシブなモデルです。」と語りました。

本件の詳細又は高解像度写真については、下記までご連絡ください。

Aline Massart
Vice President Marketing
Red Planet Hotels
Tel: 66 2 613 5818
Mobile: 66 80 463 2570
E-mail: aline@redplanethotels.com

レッドプラネットのホテルについて
レッドプラネットホテルズは、2010年に設立され、アジアの拡大するバジェットホテルセクターに重点を置いた非上場の地域ホテル会社です。 同社はインドネシア(7)、日本(4)、フィリピン(10)、タイ(5)に26のホテル、合計4,175の客室を所有、運営しています。さらに、2018年と2019年に、2,220の客室からなるホテル11か所を、日本、タイ、及びフィリピンで開業予定です。これらのホテルは、レッドプラネットの堅牢でスケーラブルなテクノロジープラットフォームを使用して開設され、先進的な予約ソフトウェアによる迅速・効率的な予約プロセスと顧客のための現地アトラクションガイドを提供します。レッドプラネットのホテルはスタイリッシュなバジェットホテル設備により構成され、全ホテルが中心部に位置し高速Wi-Fiを備えています。ジャカルタにおける子会社(レッドプラネット Indonesia - PSKT:IJ)及び東京における子会社(レッドプラネット Japan - 3350:JP)は、それぞれインドネシア及び日本の証券取引所に上場しています。

RCBCについて
リサール商業銀行(RCBC)は、ユーチェンコ・グループ(YGC)の財務旗艦会社です。国内で最大の民間ユニバーサルバンクの1つであるRCBCは、貯蓄銀行、投資銀行、外国為替仲介業者、リース会社、及び海外送金会社を通じて幅広いサービスを提供することができます。 RCBCのさらなる情報については、www.rcbc.comをご覧ください。